上手なネズミの駆除方法とは

いつのまにか屋根裏などに忍び込み、ひどい時には巣をも作ってしまうネズミ。

屋根裏のネズミ駆除の有益な情報の紹介です。

そのままにしておくと、糞尿による臭いの被害や、壁だけでなく配線をかじられるなどの被害が出てしまいます。


上手なネズミの駆除方法としては、まずはネズミの餌場に駆除剤を設置しましょう。


しかし天井の裏でドタバタと走りまわる音がする場合には、運動場として使っていることが多く見られます。


このような場合には設置しても食べることはあまりありません。


このような場合には、投げ込み式で、巣に持ち帰ることができるタイプの駆除剤を使用しましょう。



そして駆除の時期としては、ネズミの食欲が増す秋から冬にかけて設置するのが、一番よいタイミングといえます。
被害がでた場所や姿をよくあらわした場所に設置しますが、一箇所ではなく、複数箇所に設置すると効果的です。そして一度設置したら、食べなかった場合でも数日は動かさないようにしましょう。


ネズミは警戒心の強い動物なので、すぐに食べることはあまりありません。しばらくそのままにしておくことで、餌の存在に慣れていき、食べる可能性が出てくるでしょう。


しかし1週間以上たっても食べない場合には、設置場所を変えるか、撤去するようにしましょう。

駆除剤を設置する場合には、毒の餌タイプのものと、粘着剤タイプのものを併用すると効果的です。

毒の餌を食べて体調がおかしくなったところで、粘着剤にかかりやすくなります。

Reutersについて調べるなら、こちらをご覧ください。

そしてすぐに罠にかからないからといって焦らずに、気長に続けるようにしていきましょう。